お電話でのお問い合わせは

0930245501

診療時間 / 9:00~13:00・14:30~19:00

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問い合わせは

0930245501

診療時間 / 9:00~13:00・14:30~19:00

休診日 / 土曜午後・日曜・祝日

歯周病

歯周病とは


歯周病は、細菌によって引き起こされる感染症です。歯周病菌は、プラーク(歯垢)を足場として歯ぐきや骨などの組織に炎症を起こします。

症状としては、出血や腫れ、さらに悪化すると痛み、歯のぐらつきなどが見られ、最終的には歯を支えている骨が溶けてしまい歯を失ってしまうことになります。早期発見・早期治療が大切です。

歯周病の原因


歯周病は、歯に付着したプラーク(歯垢)の中の歯周病菌が排出する毒素が原因で引き起こされます。
プラークの約80%が細菌の固まりで200~300種類程の細菌が存在しています。

歯周病菌は、空気を嫌う性質があり、繁殖をするためには、ジメジメとした環境が適しています。その繁殖を促してしまう場所が歯周ポケットという歯と歯ぐきの間の隙間です。歯周病菌が繁殖しないように早期治療を心がけましょう。

歯周病チェック

このような症状がある方は歯周病かもしれません


歯肉から血が出る

歯肉が赤く腫れている

歯ぐきが下がった

硬いものが噛めない

口臭がある

歯肉がむずかゆい

歯がグラつく

冷たい・熱いものがしみる

歯周病の進行


健康な状態


健康な状態ですと歯肉は引き締まり、淡いピンク色をしています。歯槽骨の吸収もなく、歯の根っこも正常な状態です。歯周ポケットもありません。

歯肉炎


歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起こっています。徐々に歯周ポケットができてきます。歯槽骨の吸収は、まだみられません。

軽度歯周病


歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングをすると出血する時があります。歯槽骨の吸収も始まり、歯周ポケットも広がっていきます。

中程度歯周病


歯肉の炎症が進み、出血や膿が出ます。歯槽骨の吸収も進行し、歯の根っこも破壊されてきます。歯周ポケットは、どんどん深く広がっていきます。

重度歯周病


出血や膿を伴い、歯のグラつきが出てきます。歯槽骨は吸収され、歯牙を支える部分はほとんどなくなります。最悪の場合、歯が抜け落ちます。

歯周病治療


歯周病治療では、歯についている歯石を取り除くために「スケーリング」を行います。歯周病が進行している患者様の場合は、歯周ポケットの奥深くにある歯石や歯周病菌を取り除く「ルートプレーニング」を行います。

また、普段の歯磨きを改善するなど、口腔ケアをしっかり行うことで歯茎の炎症は治まります。さらに進行が見られる患者様の場合には歯茎を切開する外科的な処置が必要となります。

ページトップへ戻る